コンセンシス、11%の人員削減を確認

コンセンシス、11%の人員削減を確認

  • ConsenSysは、Coinbaseを含むいくつかの暗号企業の従業員解雇に加わった。
  • 影響を受けた従業員には手厚い退職手当が支給される。
  • マイクロソフトも水曜日に1万人の従業員を解雇すると発表した。

最近の噂を裏付けるように、 イーサリアム開発会社ConsenSysのCEOであるジョー・ルービン氏は水曜日に、同社が97人の従業員をレイオフすると発表した。 ルービンはこの投稿にこう書いている、

今日、私たちは、困難で不透明な市場環境に適応するために、コンセンシスのいくつかのチームをスリム化するという極めて難しい決断を下す必要があります。 この決定は、コンセンシスの全従業員の11%に相当する合計97名の従業員に影響を与える。

ブログ記事によると、コンセンシスを退社する従業員には、勤続年数に応じた手厚い退職手当( )が支給されるほか、オプションの行使期間が12ヶ月から36ヶ月に拡大される。 同社はまた、関連管轄区域における医療給付の延長と、外部紹介会社による個別サポートも約束した。 このポストでは、影響を受けるメンバーにはマネージャーから通達があるとしている。

ニューヨークに本社を構え、現在約900人の従業員を抱えるコンセンシスは、4月以来2万7000人の雇用を奪ったとも言われる業界の弱気相場の結果、従業員の解雇を余儀なくされたいくつかの暗号通貨ビジネスのひとつである。

ルービン社長はその投稿の中で、コンセンシスの財務的安定性を強調し、合理化という厳しい決断は、同社の戦略を主力製品とWeb3コマース( )における新たな機会の発見に向けることになるだろうと付け加えた。 ルービンは、業務の合理化も 、運営コストを下げる試みの一環だと付け加えた。

ルービン氏はCoinDeskに対し、この決定についてさらに次のように語った、

我々は会社を強くしている。筋肉を削ったりはしていない。 私たちはサポート機能、カスタマー・サポート、社内チームのサポートを縮小した。 そう遠くない将来、かなり重要で急成長するビジネスに戻れると期待している。

マイクロソフト、1万人を解雇

マイクロソフト社は2日、収益の伸び悩みに備え、現在から3月31日までの間に1万人の従業員を解雇すると発表した。 同社は第2四半期に12億ドルの費用を計上する予定で、これにより1株当たり利益は12セント減少する。

マイクロソフトは、オンライン・サービスや熟練した人材に対する需要の急増に煽られ、数年にわたり積極的な採用活動を展開してきたが、このたび、撤退する最新のソフトウェア企業となった。 アルファベット、アマゾン、セールスフォースなどのハイテク企業も最近、従業員を減らしている。

 マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は、この動きは現在の経済不安の中で経費を削減し、人工知能のような戦略的目標に再び焦点を当てるための努力の一環であると述べた。 月末現在、マイクロソフトの従業員数は全世界で約22万1000人で、今回の人員削減はその5%未満にあたる。

最新ニュース

ソース・リンク

Website | + posts