ジェミニ、従業員の10%をレイオフ – Bitnation

ジェミニ、従業員の10%をレイオフ – Bitnation

  • GeminiはCoinbaseのような他の暗号取引所の人員削減に加わった。
  • ジェミニにとっては、この8カ月で3度目の解雇となる。

暗号通貨取引所ジェミニは、2023年に従業員をレイオフする暗号・ハイテク企業のリストに加わり、8ヶ月間で3回目となるレイオフを実施し、人員を10%削減すると発表した。 ザ・インフォメーションが報じたように、ジェミニの社長兼共同設立者であるキャメロン・ウィンクルボスは、この決定を社内メッセージで次のように説明した、

今年の夏以降、これ以上の人員削減は避けたいと考えていたが、マクロ経済情勢が引き続き悪化していること、また当業界の悪徳業者による前代未聞の不正行為が横行していることから、見通しを修正し、さらに人員を削減する以外に選択肢はない。

Coinbase、Crypto.com、Genesisといった大手企業が数百人の従業員を解雇するなど、暗号市場は多くのプロジェクトが期待したようなスタートを切っていない。 ジェネシスは最近破産保護を申請し、ジェミニに7億6,590万ドルの債務があると報じられている。 双子の兄弟であるキャメロン・ウィンクルボス氏とタイラー・ウィンクルボス氏もまた、ジェネシスの親会社であるデジタル・カレンシー・グループに対し、返済すべき資金をめぐってツイッターで戦争を仕掛けている。

ジェミニは6月に従業員の10%を解雇し、7月にはさらにレイオフを実施した。 報道によると、同社全体の従業員数は2022年初頭の1,100人から年末には650~700人に減少した。

暗号関連企業やハイテク企業による大規模なレイオフは、迫り来る景気後退を見越して行われている。 2023年に人員を削減するWeb2の巨大企業には、グーグル、アマゾン、マイクロソフトなどがある。

この記事は発展途上のものであり、公式コメントを含めて更新される予定である。

ローレンス・ウォリジ

私はジャーナリストとしてのキャリアでエキサイティングな記事をいくつか取材してきたが、ブロックチェーン関連の話は非常に興味をそそられる。 私はWeb3が世界を変えると信じているし、みんなにその一部になってほしいと思っている。

最新ニュース

ソースリンク

Website | + posts